kiyomaro's diary

Road of Resistance

料理 辻が花@松山

f:id:kiyo-maro:20170815170834j:plain

お城の裏、松山で呑むならここと決めているお店、6年振りの訪問。

「あれ?、うちは初めてじゃないよね?、髪型変わった?」、お気遣いが嬉しい。

f:id:kiyo-maro:20170815171649j:plain

生×2からのカンパチ・かつおスルメイカの刺し盛り、「東京にいる娘が帰省するとまず温泉と刺身って言うよね、でも道後温泉は20~30年は行ってないかな、お湯が熱いのよ(笑)」、「郊外のスーパー銭湯っていうの?そっちによく行くね、休憩スペースも広くて食事もできるし、孫も喜ぶからね」、道後温泉は営業しながらの耐震補強工事ですからね、どうなることやら。

f:id:kiyo-maro:20170815174020j:plain

野菜の煮浸しの盛り合わせ(冬瓜の煮物、茄子揚げ浸し、トマトの煮浸し、ホワイトアスパラ煮物) 、野菜それぞれの味がかなり立ってますね?、「和食の基本でね、野菜は種類毎に別々の鍋で仕込むの、出汁は同じだけどね、火が通る温度とか旨味が出る温度って野菜ごとに違うでしょ?」、なるほど、そうでしたね。

f:id:kiyo-maro:20170815174943j:plain

鱧の照り焼き、ジョリ!ジョリ!って骨切の音が気持ち良い、「ウチで使う鱧は1,5kgくらいのメス、京都・大阪の高級料亭は使いやすい800gのオス、大きくて使い勝手が悪いから売れ残るけど安くて味も大して変わらないよ」、そうそう、マスターの食材と和食の講義というか薀蓄を聞くのが面白いんだよね。

f:id:kiyo-maro:20170815180052j:plain

「結婚しなさい、次は2人で来てね、赤ちゃんと3人でも良いよ!」「3人はちょっと大変だなぁ」とママさん&マスター、「東京の娘には2人目作れ作れって言ってるんだけど大変だから絶対に作らないんだって、寂しいよね」

ママさんのお母様は太田さんの居酒屋紀行でも紹介された今は無き「いこい」の女将さんですが、90を超えて今も御健在らしい。マスターのお母様も、一番町の店は畳んだけど今も御健在だそうだ。

マスターの川崎時代の想い出や、三津の渡し、松山の今の話しを聞いているうちに、日が落ちていく。

f:id:kiyo-maro:20170815183901j:plain

いつか見た空。優しい人たち。

道後温泉本館@松山

f:id:kiyo-maro:20170815152014j:plain

汗を流しにやってまいりました。

f:id:kiyo-maro:20170815152332j:plain

耐震補強工事前の入浴は今回がラストかな?

f:id:kiyo-maro:20170815153512j:plain

風呂上がりにはコチラでスタウトを呑む仕様。

f:id:kiyo-maro:20170815153538j:plain

Cafe みーま@伊予北条

f:id:kiyo-maro:20170815135849j:plain

腹ごなしの散策といたしまして、松山から伊予北条へ移動。さらに伊予北条の駅から今治街道を20分ほど歩いて、ようやく美馬さんのお店に到着。神戸の2店舗にはお伺いしておりましたけど、まさか次が愛媛とは驚きですよね。

f:id:kiyo-maro:20170815135634j:plain

しかし本日は定休日(涙)、もしかしてやってるかな?という淡い期待を抱いて遠路遥々の訪問でしたが…。

f:id:kiyo-maro:20170815135658j:plain

仕方ないですね、次回の宿題。

ラーメンショップ 銀天街店@松山

f:id:kiyo-maro:20170815113958j:plain

いっそのこと、ラーショでランチでしょ。

f:id:kiyo-maro:20170815114536j:plain

みそねぎラーメン、750円。大昔から変わってなさそうな老舗チェーン系の安定感、よもだをするな!(いい加減なことをするな!)という伊予言葉、ご馳走さまでした。

松山、散策

f:id:kiyo-maro:20170815103405j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815105149j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815110241j:plain

松山で牛丼といえば、吉野家ではなくコチラの三河家だそうなんで、本日のランチに行こうと決めておりましたが、

f:id:kiyo-maro:20170815110412j:plain

お盆休み(涙)、仕方ない、次回の宿題ですね。

f:id:kiyo-maro:20170815113418j:plain

ミートソーススパで有名なデュエットは定休日。奥の赤丹は準備中のようです、お母さんはお元気だろうか?

f:id:kiyo-maro:20170815113223j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815121110j:plain

鍋焼うどんの超有名店「ことり」は、小雨の中、20人超の待ち。

f:id:kiyo-maro:20170815121216j:plain

「ことり」のすぐそば、もう一軒の鍋焼うどんの有名店「アサヒ」も20人超の行列でしたね。

f:id:kiyo-maro:20170815113833j:plain

銀天街、さてランチをどうするか。

北宇和島~八幡浜、伊予大洲~向井原

f:id:kiyo-maro:20170815082721j:plain

本日の乗りつぶし予讃線内子線宇和島から山側の内子を通って松山へ至るルート。

f:id:kiyo-maro:20170815082644j:plain

始発駅。8:40発の特急宇和海8号、松山行。

f:id:kiyo-maro:20170815084947j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815090741j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815092240j:plain

段々畑、段々家。

f:id:kiyo-maro:20170815094226j:plain

内子の古い街並みの反対側。

f:id:kiyo-maro:20170815094338j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815100408j:plain

f:id:kiyo-maro:20170815100503j:plain

ぼっちゃんスタジアムを過ぎると、

f:id:kiyo-maro:20170815101258j:plain

10:07、松山到着。予讃線内子線、完乗。JR四国、完乗。

f:id:kiyo-maro:20170815101705j:plain

お疲れ様でした。

やまこうどん@宇和島

f:id:kiyo-maro:20170815053451j:plain

おはよう、宇和島。空が青みがかった午前5時半。宇和島に泊まった目的の一つはこちら、看板もメニューも無い店で頂く朝食。

f:id:kiyo-maro:20170815054133j:plain

うどん、380円。野菜天ぷら、じゃこ天、かまぼこ、沁みる一杯。

f:id:kiyo-maro:20170815054252j:plain

次々と来る客、常連さんはセルフで麺を湯がき、出汁をかけ、喰らっていた。

f:id:kiyo-maro:20170815054747j:plain

ひと段落ついて、天ぷらを揚げ始めたお母さん。

f:id:kiyo-maro:20170815054836j:plain

元気なお母さんに元気をもらう、朝5時から9時頃までの短時間営業、宇和島名物の超早朝うどん、ご馳走様でした。