kiyomaro's diary

Road of Resistance

野鳥 都@秋田

f:id:kiyo-maro:20171123201855j:plain

川反へ移動して2軒目は「野鳥 都」。「小料理」とか「大衆割烹」はよく見かけますけど、「野鳥」って記憶に無いね?

f:id:kiyo-maro:20171123203521j:plain

地下へ降りて店に入るとロングカウンターと広い座敷の結構な大箱、程よい混み具合ですね。初老の男性1人と、いかにも働き者らしいオババ様4人が店を守っておられる。とりあえず煮込みと高清水の大吟をお願いします。

f:id:kiyo-maro:20171123204040j:plain

「野鳥」の本領発揮?な鳥皮・砂肝・ハツを塩で。昭和20年代には営業されていたというからもう川反の老舗ですね。いかにも昭和な店内です。

f:id:kiyo-maro:20171123205904j:plain

おでん舟を見ていたら芸術的な豆腐が上がったので「そ、そ、それください!」とお願いしたら「アレは賄いでお客さんには出せないの」とオババ様に却下される、ぐぬぬ

f:id:kiyo-maro:20171123210411j:plain

きりたんぽも売り切れだそうなんで、だまこ鍋を所望。オババ様が目の前で米を潰して団子にするところから作り始めましたよ、有り難いな。はふはふと箸を突き、高清水の辛口を燗で2本。そう、だまこ鍋といえば能代のあの店にもいつか行かねば。

f:id:kiyo-maro:20171123203545j:plain

良いと分かっているから近寄らないようにしていた街の1つが秋田、やはり居心地の良い街ですね、時間を置かずにまた来ようかな、ボーっと喧騒に身を委ねる。お勘定は2,510円、ご馳走様でした。

小料理 すず乃@秋田

f:id:kiyo-maro:20171123171459j:plain

駅近くの雑居ビルにある「すず乃」からスタート。

f:id:kiyo-maro:20171123173224j:plain

生ビール×2、去年の鰰の飯寿し、胡麻豆腐、大根と鴨のつくね。今年も鰰は不漁、明日は鰰の仕入れで今年の飯寿しを仕込むんだとか、しかし飯寿しが旨いな、日本酒の最高のアテになりますね。「これだけ誉められたら明日の仕込みもがんばるよ!」と店主の綾子さん。

f:id:kiyo-maro:20171123173852j:plain

いぶりがっこクリームチーズ、ヒラメ昆布〆。11月20日で2周年を迎えたばかりなんだとか。店主さんの壮絶な半生(といってもまだ20代か?)を伺う。

f:id:kiyo-maro:20171123181510j:plain

なにか冷たい酒をと所望して両関の翠玉。しかし座った席は可愛らしいお姉さんの真ん前で大当たりだな(笑)、常連さんに挟まれた席で気を使ってよく相手して頂いた、「相棒」に出てくる小料理屋をイメージして店を作ったとかなんとか。

f:id:kiyo-maro:20171123182832j:plain

牡蠣と石橋牛蒡のキンピラ。野菜の太さ、噛み応え、旨いね。「なるべく秋田の食材を使って、母に教えて貰ったり料理本を図書館で借りて勉強してます(笑)」、バーテンダー協会の勉強会に参加して生ハムを作ったりとか研究熱心だしお店をやってるのが楽しそうですね綾子さん。

f:id:kiyo-maro:20171123190536j:plain

鳥海山の燗あがり、ベタッとしてない辛口が良いね。ついおかわりしてしまった。

f:id:kiyo-maro:20171123190720j:plain

最後は両関の銀紋を燗で、男鹿の藻塩を舐めつつ。お隣のソロ客の〆は田沢湖の長芋を出汁と玉子で延ばしてヤマメの卵の醤油付けを載っけたこれもある意味究極の卵かけご飯で旨そう…。この店はアラカルトでなくコースが断然良いようですね、品数が多いし何より安い。

f:id:kiyo-maro:20171123193125j:plain

熟年夫婦の旦那さんの誕生日を皆で祝う、ケーキのお裾分け。お会計は6,700円。「A沢さん!、またいらしてくださいね、へば!」、しかし今日の収穫は目の前で相手してくれたヤスコちゃんだな、推せる(笑)、秋田へ来る回数が増えてしまいそうで辛い。

年末は12/30まで、年明けは市場の様子を見ながらの予定だそう。

秋田、散策

f:id:kiyo-maro:20171123170752j:plain

祝日の木曜、まずは秋田駅周辺を偵察。「からす森」はお休み、残念。

f:id:kiyo-maro:20171123170847j:plain

良さげな店を見つけたけど、貸切。残念。

f:id:kiyo-maro:20171123170951j:plain

「永楽食堂」も休み。

f:id:kiyo-maro:20171123171133j:plain

「美酒亭 美弥」はやっておりました、とりあえずキープ。

f:id:kiyo-maro:20171123200908j:plain

ちょっと時間は飛んで川反へ。「江戸中」は休み。

f:id:kiyo-maro:20171123201506j:plain

とりあえずキープ(嘘)。

f:id:kiyo-maro:20171123201512j:plain

山田孝之プロデュースの映画の撮影中でした。

f:id:kiyo-maro:20171123201554j:plain

「蘇州」は営業中、こちらはキープ。

f:id:kiyo-maro:20171123202018j:plain

「北洲」は貸切で入れず、残念。

f:id:kiyo-maro:20171123201917j:plain

博多ラーメンで〆るかなと組み立てを考えます。

f:id:kiyo-maro:20171123214151j:plain

「まるひこ」は店仕舞。以上。

酒田~秋田

f:id:kiyo-maro:20171123143357j:plain

本日の乗りつぶし羽越本線、酒田から秋田、104.8kmの区間

f:id:kiyo-maro:20171123144105j:plain

特急いなほ5号の秋田行き。

f:id:kiyo-maro:20171123144700j:plain

4分遅れで入線。

f:id:kiyo-maro:20171123145520j:plain

7両編成の2両目(指定席)は私を入れて3人だけ。

f:id:kiyo-maro:20171123145926j:plain

防風用の柵を組立て中でしょうか?、お仕事、お疲れ様です。

f:id:kiyo-maro:20171123155308j:plain

時折、海。逆側の鳥海山は、雲の中。

f:id:kiyo-maro:20171123161138j:plain

やはり4分遅れて、16:08に秋田へ到着。

f:id:kiyo-maro:20171123161152j:plain

羽越本線、完乗。お疲れ様でした。

ケルン@酒田

f:id:kiyo-maro:20171123133543j:plain

昼食の後は、10年ぶりにケルンへ寄ってみた。

f:id:kiyo-maro:20171123134348j:plain

ブレンド、昼の喫茶タイム、井山マスターは不在。もう90を超えたんだっけかな。

f:id:kiyo-maro:20171123135619j:plain

あのカウンターで「雪国」を頂きマスターとお話ししたな。当時の景色を懐かしむ。

テレビからは日馬富士の一件がずっと聞こえてくる。

ケンちゃんラーメン 本店@酒田

f:id:kiyo-maro:20171123125008j:plain

始まりは酒田、雨。

f:id:kiyo-maro:20171123124040j:plain

中華そば小盛、650円。正油がかなり主張するスープ、濃いメンマ、小盛でも結構な量。

f:id:kiyo-maro:20171123124147j:plain

ピロピロ平打太め短めのプリプリ麺が口内で踊る、旨いな。

f:id:kiyo-maro:20171123124738j:plain

KK、ご馳走様でした。

さくらい@京成立石

f:id:kiyo-maro:20171121211846j:plain

K又さんに久しぶりにあったら「太りましたね!」と笑われる、豊島屋酒造見学の感想戦、ミス酒東京は不倫したヤマオの目をしていた(個人の感想です)、それはラッパーじゃなくてDJですねレコードをギコギコ、庭先は多摩湖、そこから吉川ピリピリで船橋寿司道楽で休日満喫の「計画通りですよ!」、美味しんぼはトミイ副部長がキーマンですよね、ルネッサンス情熱!、栗田君!、K又さんは初の人間ドックで初のバリウムだそうなのでビビらす、「何でも聞いてください!!」とさくらいさんオススメのバリウムの飲み方、ガッカリですよ!、キセノンの休場、モンゴル互助会、山の不動のケンシロウさーんがU田さんにかぶる、酒3,7合 でご馳走さまでした、お勘定は3,350円なの?

f:id:kiyo-maro:20171121232400j:plain

片平なぎさ