kiyomaro's diary

Road of Resistance

うどん

賞讃@京成立石

ぶっかけちくわ天+元気玉ごはん、780円。 うどんは相変わらず美味しいです。しかし、BGMで延々とリピートされている「君の瞳に恋してる」に我慢の限界。初めて来たのは10年くらい前か?以来、この曲しか聞いた記憶が無いですけど、なぜそこまで拘るのでしょ…

手打ちうどん 鶴丸@高松

行列に並ぶ。 高松の〆の定番、カレーうどん。旨い! 撃沈。

正家@高松

醤油うどん冷やの小(1玉)、コロッケ、360円。 ムッチリと艶めかしい熟女系のうどん。旨い。 御馳走様でした。さすがに、腹いっぱい。

たも屋 女道場@高松

冷ぶっかけ小(1玉)、ゴボウ天、410円。男子禁制。 揚げたてホクホクの太い牛蒡の甘味、旨かった。 惜しかった。 御馳走様でした。

さか枝@高松

かけ中(1.5玉)、竹輪天、300円。 うま過ぎず、程よい味わいが、疲れない。毎日でも食べたくなる一杯。 さすが街中の有名店。御馳走様でした。

【~生と死~】 生ハムと焼うどん ワンマンライブ 2品目@赤坂BLITZ

「生ハムと焼うどん」の存在を知ったのは、つい一週間ほど前でしたけど、とりあえず本能の赴くままに行ってみました。 歌と芝居と笑いの融合。瞬発力ある掛け合い、切り替えしの妙。 とんでもないステージを見せつけられました。 「ウンチの歌」に込めたメッ…

資さんうどん 志免町店@博多

本日の遅い朝食は、福岡を中心に展開するローカルうどんチェーン。「すけさん」と読む。 魅力的なメニューが並ぶ、働く人のアサメシ。 初志貫徹、肉&ゴボウ天うどん、680円。やはり丼がデカいし、肉がたっぷり過ぎ。お味はマッキーより癖が無く、食べやすい…

牧のうどん 空港店@博多

隣接する「天ぷらひらお 本店」の、店の内外で100人超待ちの行列を横目に、 本日の昼飯は、福岡を中心に展開するロードサイドのチェーン店。 肉ごぼう天うどん、かしわめし、840円。茹ではヤワめで。 汁の甘さに驚く。すき焼き風の味付けをした肉の甘みも溶…

みやけうどん@博多、呉服町

丸天うどん、400円。博多うどんを代表する一軒。 何よりうどんの太さが特徴。じんわり後から染みる汁。旨い、完飲。 宿題の一軒にようやく来られましたよ。昭和29年創業、名店です。

正太郎うどん@上井草

つけ肉汁うどん、750円。茹で上がりで450gの麺量。 みっしりと詰まった、武蔵野うどん。 亡くなった川越の祖母が打ってくれたうどんも、こんな味だった。 郷愁。御馳走様でした。

煮干しうどん FISH MEN@西新宿

煮干し出汁うどん温、ちくわ天、800円。 出汁というよりも、魚粉のドーピングが凄まじい。そこそこ旨いんだけど。 新宿のオフィスレディーに囲まれる昼餉。御馳走様でした。

鳥喜多@長浜

混雑のピーク過ぎた店内。親子うどん、470円。CP高杉晋作。 御馳走様でした。

丸香@神保町

ひやかけ中(1.5玉)、丸天、610円。 シルクのようなノドゴシ。あぁこれこれ、神域の一杯。 東京でナンバー1と思います。 仕事をしているのか、麺を啜っているのか。

手打ちうどん 長谷川@大泉学園

焼豚うどん(冷)、880円。コシがあるというより、硬すぎでは?

こくわがた@本郷三丁目

ひやひや大、ささ身天、680円。 昔ほどの感動は失せてしまったようだ。

純手打ち讃岐うどん 五郎@錦糸町

しょうゆうどんセット(ひやあつ小+しょうゆ小)、ちくわ天と鶏天で800円。 矢吹島産のイリコが香るお出汁に、いわゆるエッジが立ったコシの強い麺。 善通寺市の名店「長田 in 香の香」を彷彿させる素晴らしいお味。 揚げ立て熱々の天麩羅もよろしい。 あまり…

香川 一福@神田

高松の有名店が東京に出店したとのことで突撃。 かけそのまま大(2玉)、鶏天、820円。 本店には何度か足を運びましたけど、伸びるコシの細麺と優しいお出汁は、 あのお味を上手く再現できておりましたよ。 高松が恋しくなったら、こちらへどうぞ。

八十八庵@さぬき市

オリーブ牛肉入り打ち込みうどん。

さか枝うどん 春日店@高松

手打ちうどん 鶴丸@高松

わら家@高松

蒲生うどん@高松

ひやかけ大+あげ、350円。 永遠に啜りたくなる快感の喉越し、ふんわり優しいお出汁。 笑ってまう一杯。

池上製麺所@高松

かけ小+ちくわ天、305円。 るみばあちゃん、変わらずご健勝。晴れ、強風。

元咲@京成立石

いろりや@高知県幡多郡黒潮町

冷しぶっかけ天うどん、1,296円。

セルフうどん やま@徳島駅前店

2玉、ちくわ天、とり天。

元咲@京成立石

ぶっかけ小。

うどん錦@名古屋

元咲@京成立石

釜喜利うどん@博多