kiyomaro's diary

Road of Resistance

舟勝@御宿

冬の舟勝へ行ってきた。

f:id:kiyo-maro:20151215200438j:plain

十四台は全部揃ってた。迷って、愛山。うめぇ。

f:id:kiyo-maro:20151215200439j:plain

刺身盛りはブリ、タコ、ブリのなめろう。舌の上でとろけるブリ。

薬味の効き具合が絶妙な、なめろう

f:id:kiyo-maro:20151215200440j:plain

珍味三点。カジキマグロの胃袋、タコの卵、カジキマグロのキモの味噌和え。
キモが魚とは思えない濃厚な旨み。蒸しただけっていうタコの卵、なんじゃこりゃ。

f:id:kiyo-maro:20151215200441j:plain
ブリの味噌漬けを焼いたもの、とても上品な香り。

仕込みの手順を伺うと、恐れ入りました。

f:id:kiyo-maro:20151215200442j:plain f:id:kiyo-maro:20151215200443j:plain

みやびちゃんを頂き、背黒イワシとフキノトウの天ぷら。

f:id:kiyo-maro:20151215200444j:plain

比内地鶏のだまご汁。比内地鶏のガラで取った濃厚な出汁にコメの団子。

きりたんぽみたいなもんだ。

f:id:kiyo-maro:20151215200445j:plain

鯖の押し寿司、あぶらが乗ってうめぇ。

f:id:kiyo-maro:20151215200446j:plain f:id:kiyo-maro:20151215200447j:plain

最後は伯楽星の純米吟醸をちびちびとやってると、背黒イワシの丸干し。

サービスで出して頂いたなこれ。

f:id:kiyo-maro:20151215200448j:plain f:id:kiyo-maro:20151215200449j:plain

コーヒーで寛ぐ。すっかり長居してしまった。
次から次へと繰り出される絶品の皿。なんでこんなに美味すぎるんだ。

f:id:kiyo-maro:20151215200450j:plain

また来ます。まずは4月下旬の上りカツオの時期。
ここのカツオを食べると、

他では食べられなくなると都内から通う常連さんに力説された。

そしてそして6月1週のホタルの時期。
店から少し歩いたところ、群れるホタルは天然で、それは素晴らしい光景とか。

こちらへ来ると、いつもカウンターの端でサワーを飲んでる船頭さん。

またお会いしましょう。

f:id:kiyo-maro:20151215200451j:plain

帰りの車中、お土産に頂いた金柑を食う。