読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiyomaro's diary

Road of Resistance

North Land@会津若松

f:id:kiyo-maro:20160325231859j:plain

籠太を出て、通りを挟んだ向かいのバー、ノースランドへ。去年秋のさくらい旅行の際に旧店舗へ伺いましたけど、その直後にこちらへ移転されたんですよね。

f:id:kiyo-maro:20160325231900j:plain f:id:kiyo-maro:20160325231901j:plain

先客は無し。カウンターに腰掛け店内を見渡す。雰囲気は全く変わってないですね。
マスターも変わらず。ジントニックを頂き、一息つく。

ヴィヴィアン・リークラーク・ゲーブルのあの映画の一場面が壁にかかる。
見つめると、ふっと別の世界へ誘われるよう。

「先ほど籠太で飲んでまして、親父さんから『このボトルを試してごらん』と言われました」
「あ、はい、わかりました。」

f:id:kiyo-maro:20160325231902j:plain f:id:kiyo-maro:20160325231903j:plain

と出された2本。あぁこれは親父さんのブログで紹介されていたモルトだな。
12年と10年ものですけど、店の奥でさらに数十年も眠っていたという逸品。
流れた時の分だけ、深く深くまろやかな香りが広がる…。すげぇな。

ぽつぽつと、マスターやママさんとおしゃべり。
昨秋に伺って、こちらのコースターをたくさん頂いたこととか、憶えてらしたw
しかし会津は素晴らしいな。会津というか「籠太」と「ノースランド」がレベル高杉。
他にも魅力的な店が何軒かありますけど、この2軒でじっくり腰を据え飲む贅沢。至福。
また伺いたいと思います、是非。

と固く決意し、店を出ようと扉を開けたところ、入ろうとする籠太の親父さんと目が合い、笑う。