kiyomaro's diary

Road of Resistance

福よし@気仙沼

f:id:kiyo-maro:20160305174830j:plain

道路拡張工事による移転前、最後の訪問である。

f:id:kiyo-maro:20160305175948j:plain

キリンと、ワカメのヌタでスタート。

f:id:kiyo-maro:20160305180657j:plain

先付である。

f:id:kiyo-maro:20160305181514j:plain

シーズン終盤の白子は、口内でスーッと儚く消えた。

f:id:kiyo-maro:20160305182258j:plain

赤身、ブリ、メカジキ、海老の刺し盛り。弟さんが子供だった50年ほど前、この土地でカレーと言えば、肉は高級すぎて手が出ず、腐るほど余るメカジキが入っていたそうだ。

f:id:kiyo-maro:20160305184139j:plain

お兄さんの詩。

f:id:kiyo-maro:20160305184428j:plain

3~4cmほどの、大ブリブリな牡蠣の焼き串。

f:id:kiyo-maro:20160305184611j:plain

秋刀魚は冷凍モノでしたけど、なんじゃこりゃって大きさの、軽く30cmオーバー。フックラと身が厚く、さすが気仙沼福よし。唸る。

f:id:kiyo-maro:20160305195622j:plain

男山の、熱々燗に切り替える。

f:id:kiyo-maro:20160305200524j:plain

ブリのアラ煮をアテに。

f:id:kiyo-maro:20160305203924j:plain

新店舗は、来年の春から夏にかけて再開かな?

またお会いしましょう…。必ず来ます。御馳走様でした。