kiyomaro's diary

Road of Resistance

籠太@会津若松

f:id:kiyo-maro:20160811192701j:plain

いざ、籠太の暖簾を潜る。

f:id:kiyo-maro:20160811194221j:plain

廣木さんからスタート。昨年末に伺ったコジマ先生宅の御馳走のお礼。

f:id:kiyo-maro:20160811194359j:plain

いつもの二品、「蹴飛ばし」と「塩とうふ」。お店の方々、皆さんお変わりなく。

f:id:kiyo-maro:20160811200809j:plain

会津娘。

f:id:kiyo-maro:20160811201117j:plain

トマト巻串×2本。

f:id:kiyo-maro:20160811201256j:plain

会津地鶏ネギマ、つくね

f:id:kiyo-maro:20160811203449j:plain

女将さんに「つるし」をススメられたので講釈をタレたら引かれた(笑)

f:id:kiyo-maro:20160811202819j:plain

自家製紅葉漬け(鮭とイクラを、塩麹と甘酒で漬けたもの)。

f:id:kiyo-maro:20160811210144j:plain

つまみピリ皮。

f:id:kiyo-maro:20160811205618j:plain

ラストの風に吹かれ、お勘定は7,870円。御馳走様でした。

f:id:kiyo-maro:20160811211328j:plain

明後日で65才になるという真也さん。今夜もカウンターで地元の名士や商工会の人々と、会津の未来について真剣に語り合っていた。会津魂。