kiyomaro's diary

Road of Resistance

京彌@那覇

f:id:kiyo-maro:20170128195816j:plain

「あら、こんばんわ、お久しぶりです、そちらの髪の方が若く見えるし似合ってますよ」、おっとまたまた女将の京子さんから先制パンチ。あと2~3軒は有るな…。

1年振りのカウンターは、小サイズのビールとお通しでスタート。

19時30分過ぎの入店で、先客はカップル2組と年配の4人グループのみ。

f:id:kiyo-maro:20170128201142j:plain

旧正月で公設市場は休みのため糸満の刺し盛り、山葵が辛い!、沖縄におせち料理は無いけど中身汁や里芋を炊いたのを正月料理として頂くそうだ。

f:id:kiyo-maro:20170128210825j:plain

島らっきょうも市場が休みで残念ながら無いとのこと、ゴーヤのピクルスと菊之露の五年古酒をカラカラでユルユルと傾ける。教えて頂いたお気に入りの沖縄そば屋さんは次回に行ってみますね。

f:id:kiyo-maro:20170128211906j:plain

20時30分頃にカップル2組が帰って、年配グループは箸も止まりゆんたくモード。カウンターは私一人になった。

45才で店を始めてからアッという間の17~18年、当時からのお客さんで今も来てくださるのは1~2人、ほとんどあの世へ行っちゃった、昨日のように忙しい日と今日のように暇な日の差が激しい、だいぶ無理ができなくなったし疲れが抜けにくくなりました、暇な日とか立ってるのが辛くてこうして椅子に座ってると開店当時のお客さんの顔とかふと思い出すの。

f:id:kiyo-maro:20170128223634j:plain

京子さんとたっぷりお話させて頂いてたら、気付くと22時30分、閉店の時間。心が洗濯されたようなひと時、ありがとうございました。ソーメンチャンプルーやO川さんの話しも面白かったけど胸の中にしまっておこう(笑)、お勘定をお願いします、「えーと、5,000円です、Aさん(笑)」、え?一度も名乗った覚えはないのですが何故御存知なのでしょう…?、あぁなるほどそういうことでしたか、怖い怖い(笑)

お体を大事になさってください。さて、次はいつ来よう?