kiyomaro's diary

Road of Resistance

豊亭@沼津

f:id:kiyo-maro:20170610172951j:plain

6月第2土曜恒例の沼津。1650にフライング入店も「掃除終わってるからいいよ~」と最初の客で入れて貰えたけど、1700の開店時間にはカウンター満席という事実。キンキンに冷えたジョッキの生×2、冷奴、小振りな餃子は味が詰まってて旨いんだよな。常連さんが持ってきた枝豆をお裾分けで頂く、家庭菜園っぽい作りで素朴な味わいがうんまい。

f:id:kiyo-maro:20170610173637j:plain

名物の若鳥唐揚げ(半身一人前)を一心不乱に齧り付く、あぁ美味なり。店主と常連さんが先月に亡くなったという友を偲び献杯、「オレも入れ歯にしちゃってね、細かく切ってね」「ウチのお客さんは入れ歯にしてもこの鶏だけは現役で頑張りたいと言う人が多いけどね?(笑)」みたいなやり取りやローカルな情報交換をボーっと聞き流す。

f:id:kiyo-maro:20170610180134j:plain

お勘定は2,830円。沼津へ来る度にオススメされる店も増えましたけど、こちらのカウンターと店主兄弟やお姉さん方に会わないと、沼津へ来た実感がわかないんだよね。最初の注文の山を捌き終えた弟さんが、店先の椅子に腰かけジョッキ生を呑んでるいつもの景色、風が心地良さそう。そう、答えは風に吹かれている、ご馳走様でした、また来年。