kiyomaro's diary

Road of Resistance

そう庵@三島

f:id:kiyo-maro:20170611010057j:plain

本日のラストは、湯本さんや川口さんにご紹介して頂いたお店。5月28日にオープンしたばかりという「そう庵」へ。三島駅前の道路から奥まった場所に、看板も無く灯りだけが頼り。こんなところにバーがあるとは、なかなか気付かないんじゃない?

f:id:kiyo-maro:20170611014116j:plain

「どうも初めまして、お噂を耳にしまして」、店内を見渡すと民芸調というか昭和なアンティーク品をふんだんに使って和の雰囲気が溢れていますね、富士山麓のソーダ割り、聞くと尾張一宮の某店をリスペクトして同じような店をやってみたかったのだとか、なるほど機会を作ってその店へ行ってみますよ、ラフロイグのソーダ割りをオーダーしたらマスターの目がパッと輝いた、「ラフロイグお好きなんですか?、私の一番好きなお酒でして、個人的に集めたデッドストックをラフロイズ好きのお客様へお出ししているんです、現行品とは全く違うんですよ」、確かにクチに含んだ時のまろやかさはだいぶ違うような気もするけど今日はもう呑み過ぎだしそもそもそんな違いの分かる舌を持ち合わせていないとは申し訳なくて言えない、「うん、これは深いね~」、こちらの店は料理人も雇っていて予約するとカウンターでコース料理も楽しめるんだとか、通いたくなる店がまた増えてしまいましたね、これぞ隠れ家、どうもご馳走様でした、お会計は2,000円。

10年ほど前に三島へ通い始めた当時の店は少しずつ消えて行っているけれど、こうして若い人たちが新しい店を始め、明日の三島を作っていく頑張りにエールを贈りたい。

広告を非表示にする