kiyomaro's diary

Road of Resistance

うえんで食堂@芦ノ牧温泉

f:id:kiyo-maro:20170702082149j:plain

日曜の朝は、籠太のオヤジさんに朝ラーへ連れて行ってもらった。場所は芦ノ牧温泉、うえんで食堂。お城近くのオヤジさんの自宅からこの店までの約10キロをロードバイクで走って、ラーメンを啜り、また走って帰るのが休日の楽しみなんだとか。

f:id:kiyo-maro:20170702083431j:plain

会津地鶏かけそば、醤油で頂きました。鶏出汁の旨味、鶏油の香り、程よいコシの細麺、ローストオニオンと柚子胡椒で味変を楽しみながら、完食完飲。

f:id:kiyo-maro:20170702083347j:plain

鶏節ご飯も頂きました。6月から9月の限定品とのこと。鶏を節にしちゃうんだ。

f:id:kiyo-maro:20170702083829j:plain

温泉タマゴを落とし会津の醤油を掛けてガッと喰らうと、うまかー。これは大変素晴らしい、ご馳走様でした、セットでお勘定は1,000円。

こちらは昭和47年創業で、今は三代目の若夫婦中心に頑張ってらっしゃるんだとか。「うえんで」とは「上のほう」という方言で、確かに若松から上のほうですね。8時30分で相客6人と、朝ラーも定着しているようです。名店。

行き帰りの車の中などでは、来月で65になるオヤジさんの日々の暮らし、お店のこと、仕事への取り組み方、会津魂などなど、籠太の慌ただしいカウンターではなかなか出来ない話をたっぷり聞かせてもらえて面白かったです。ありがとうございました、また会津へ伺います。